となりのアフリカ 2007年10月6日&8日
●「となりのアフリカ」第一夜

日時 :2007年10月6日(土曜日)
       17時開場(おいしいごはんを用意しています)18時ころ開演
入場料:1000円   お食事:1500円
場所 : 花屋杢兵衛(浜松市中区曳馬6−19−6)高林バイパス沿い

●「となりのアフリカ」第二夜

日時 :2007年10月8日(祝・月曜日)18時半開場・19時ころ開演
入場料:1500円(おいしいごはんを用意しています)
場所 : 浜響クラブハウス (静岡県浜松市肴町通り 三米商店2階)
     浜松駅より徒歩10分
地図 : http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E137.43.53.6N34.42.14.3&ZM=11
     場所が分かりにくい場合は、下記まで、お気軽にご連絡ください。

★出演:早川千晶 (おはなし)
   近藤ヒロミ(ムビラとリンバ)
   大西匡哉 (ドゥルマ民族の伝統的な太鼓)
   バーティ (ドゥルマ民族の伝統的な太鼓)
     場所が分かりにくい場合は、下記まで、お気軽にご連絡ください。

携帯mail:tibicco_nikki♪yahoo.co.jp(♪を@に変えて送信してください。) 
携帯電話:090−9184−8397(おおはし)

★第一夜と第二夜はどうちがうの?
第一夜は、たっぷり時間と場所をつかって、お話と音楽を。
初めて聴く人も、去年の続きを聴きたい人もどうぞ。
第二夜は、きゅきゅっとまるくなって、お話と音楽を。
千晶さんたちに質問したり、来た人同士もお話しながら、
深めていけたらいいなと思います。

2005年04月06日

馬楽への道(最終回)

演奏会がおわって、2週間半がすぎました。いまさら最終回です。
このシリーズもおわらなくてはいけないことを、すっかり忘れて春を満喫していました。
ごらんのみなさん、この馬楽日記は、おもしろかったですか?

昨日「ちびっこさん、CD聴いたよ。音程わるいよ!」とおこられました。
とくに前プロは、ごめんなさいです。
(↑こんなとこで謝るくらいなら、ちゃんと練習しておけっ!)

それでも、やっぱり、私には忘れられない演奏会です。

今回の「馬楽への道」で行き着いた所は、初めに予想さえもしていないような所でした。
あの時、あの場にいた人たちだけが感じることができる、
他の何にも変えられない、言葉ではいえないような気持ちでした。
posted by ちびっこ at 16:51| カイロ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魔楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月10日

馬楽への道(その51)

感想その2です。

私はCDを90分間連続して聴いたことがありません。
絶対、90分は長いんじゃないかと思っていました。

この前の合奏は「あ!」という間でしたが、演奏していたからかなと思っていました。
でも、この日の演奏会、90分は、あっというまでした。
ぜーんぜん、長くないしお手洗いも大丈夫です!ぜんぜん、あきませんでした。

CDと生演奏でこんなに違うんだ!と驚きです。

マーラーのポリフォニーがすばらしくて、
CDとはちがい、いろんな楽器がすごく立体的に聞こえました。
練習でも何度もきいていたはずだったのに、別の曲かとおもうほどです。

先にも書きましたが、4楽章の最後なんて、生演奏できくものなんだろなと思いました。
posted by ちびっこ at 22:20| カイロ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魔楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

馬楽への道(その50)

インバルが指揮するベルリン交響楽団の演奏会を聴きにいってきました。
感想その1です。

松岡先生のいったとおりの感じでした。でも、いろいろ新たな発見!

一番思ったのは、4楽章の最後の5分。
前の75分がこの5分のためにあるんじゃないかなと思うほど、
深い意味があるような気がしてしまいました。
先生が浄化とおっしゃいましたが、そう思うとなおさらです。
緊張感というより、広大というか、無限という感じでした。
こんな音楽をきいたのは、初めてです。
posted by ちびっこ at 22:10| カイロ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魔楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

馬楽への道(その49)

(いまさら2月26日土曜日と27日日曜日の日記)

午後、馬楽を通しました。

先生の「じゃ、ちょっとやってみよう」という一言に大反響。
ぜんぜん「ちょっと」じゃないですから。

14時35分スタート
・・・・・
16時5分おわり

最後5分間は、すごくしずかな音楽。先生は浄化とおっしゃいます。
CDではほとんど聴こえません。
確かに、1楽章から4楽章までやってきたあとの、この静寂な音楽は、
浄化かもしれない。って思いました。

90分は長いだろうと思ったのですが、あっという間。え?これだけ?と思うくらい。
からだはなんとなく疲れているけど。
終わったあと「不整脈になっちゃったよ」という方もいて、めちゃくちゃ心配!

通した90分があっというまだっただけでなく、
2日間があっというまに過ぎてしまいました。
posted by ちびっこ at 21:57| カイロ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 魔楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

馬楽への道(その48)

(いまさら2月26日土曜日と27日日曜日の日記)

ひるやすみ・・
朝ごはんがいつもより遅かったのと、楽器を吹くとおなかがへらないのとで、
食欲ないかも・・と思っていたところ。
モーツアルトの同じパートのMさんが音だしをはじめる。
楽器をもって駆けつけ、パート練習をしてもらうことに。

目の前でVcパートが、ご飯をたべています。みなさん、きいちゃだめですよ。
まずは、最初から。
♪たん、たっ・・
ひょーっ!びっくりするような音程!
ごはんを食べるVcの人も振り返りながら「聴いてるからね」と。
チューニングしてなかったんだもん。ゆるしてくださいな。

そして、最初から最後まで貸切の練習場で、念入りにあわせる。
すごく充実していたので、気がついたら、午後の集合の時間になってしまいました。

こんなふうに集中した気持ちで練習ができるっていうのが一番すきかも。
おけすとらで楽器をやっていてよかった。と思える瞬間です。
posted by ちびっこ at 21:09| カイロ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 魔楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

馬楽への道(その47)

(いまさら2月26日土曜日と27日日曜日の日記)

前の日、眠れなくて3時か4時までおきていた私。ねぶそく〜。
日曜は、9時集合、9時半音だし。モーツアルト。

モーツアルトは、春のような若々しくてみずみずしくて元気な夢見る少年のような音楽。
こんな、寝不足のどよどよで、どうしよぅ・・・。と席に着く。
でも、みんなから出てきた音は、元気な朝の音楽。おかげで私も元気になりました。

マ〜ラ〜は地獄や天国をみる現世の人だけど、
モーツアルトはいつも天国で踊ってるかんじ。
そして、聴いてる人をそのまま素直に幸せにしてくれる感じ。

自分の演奏は・・・・xxxですが、幸せにしてもらいました。
posted by ちびっこ at 21:08| カイロ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魔楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

馬楽への道(その46)

(いまさら2月26日土曜日と27日日曜日の日記)

水曜のオケは、曜日と場所をかえて集中練習です。
いつもコンサート前日に使う会場での練習。なんだか、きんちょー。

先生から、スケジュールの説明。
土曜日の夜、18時半〜21時半、マ〜ラ〜2&3楽章。
日曜日の朝、9時半〜10時半、モツアルト
10時半〜12時、マ〜ラ〜4楽章。
日曜日の昼、13時〜14時半、マ〜ラ〜1楽章。
14時半〜16時5分、★マ〜ラ〜を通す★
とおす!ひょえ〜。すごすぎませんか??

2楽章も3楽章も、普通じゃない音楽です。
もっと自分達も狂っちゃって、大げさにやらないと!と。
2楽章でおもしろいのは、真ん中の部分の、変なとこにアクセントがついて、
転びそうになるところです。
チャップリンみたい。っていつも思います。

3楽章のなかで人気がある箇所は、真ん中のTpの天国のような音楽です。私もだいすき。
その前後が、めちゃくちゃなだけに、引き立ちます。

あっというまの3時間でしたが、午前も、午後も、夜も、
朝から晩まで楽器を吹いていたので幸せですが疲れました。
posted by ちびっこ at 21:05| カイロ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魔楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月28日

馬楽への道(その45)

(いまさら2月23日の合奏の日記)
この日は久しぶりの1ヶ月以上ぶりの合奏。
メニューは、もつあるとの初先生合奏→馬楽1楽章。
18時30分過ぎ、練習場が、なんだか閑散としています・・
「モーツアルトメンバーでマーラーの椅子をだせるかどうか」について議論。
もちろん、全員分の椅子&譜面台だせましたよん。

私は、松岡先生のもつあるとがとっても好きです。
以前オペラの代奏をさせてもらったとき、特にそう思いました。

馬楽、始まってすぐ2ndVnの音が前と変わっていてびっくり。
前よりずっ〜と充実した音になってたように聞こえました。
他にも前よりアンサンブルな感じがするパートがいっぱい。
パート練習や分奏をやってきた成果!なのですね。
posted by ちびっこ at 21:45| カイロ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魔楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

馬楽への道(その44)

(いまさら2月16日の分奏の日記をUP)
普段の水曜日のオケの練習は、時間めいいっぱいぎりぎりまでやるので、毎週あわてて片付けます。
お話しなんて、ほとんどできません・・。
最近はそれも慣れてきて、10分で片付けできるオーケストラです。すごいでしょ!

ちびっこのもつあるとのパートは、2楽章がtacet。ずーっとお休みで一音もありません。
この日の分奏は先に終わったので、tacet仲間さんとのんびりお話。

インフルエンザにかかったお話しや、マ〜ラ〜とブルックナーの関係など聞かせてくださいました。
ちびっこは、ブルックナーは聞いたことないのです。どんなだろぅ?
毎週、こんな風に、のんびり片付けたりお話できたら、いいのになぁと思いました。

趣味なんだから、あせるより、ゆっくりやりたいです〜♪
でも、合奏もいっぱいやりたいです〜♪
posted by ちびっこ at 21:44| カイロ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魔楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

馬楽への道(その43)

(いまさら2月16日の分奏の日記をUP)
この日は、音楽室で木管&金管もつあると分奏。馬楽の半分以下の人数。
Fl,Obx2,Fgx2,Hnx2,Tpx2の9名。(マ〜ラ〜は何人か数えられませんっ!)
先週インフルエンザだった人も回復し、全員出席!おぉぉ!

金管と木管が向かい合わせで座る。お見合い番組みたいらしい。(←みたことないけど)
早速はじめる。

♪たん、たった、たん、たん、たぁー!

いきなり、ぎょー!っとする音程。
「えー。えー。うそぉ。」と思ったのもつかの間。みんなすごいので、次からは直りました。

技術委員の気合の入った予習と音頭で集中した充実した分奏。
アンサンブルていう気がして、私もその一員としてちゃんとやろ!って思いました。

※木管の残りのマ〜ラ〜チームは別の場所であわせをしていたらしいのですが、
多くの人がまだ風邪でダウン・・。はやくよくなりますように。
posted by ちびっこ at 21:43| カイロ | Comment(2) | TrackBack(0) | 魔楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

馬楽への道(その42)

(いまさら2/9の分奏日記をUP)
この日は、音楽室で木管分奏。風邪&インフルエンザが蔓延。生き残りは18人中9名。
この9名も、病み上がりや、花粉症など必ずしも健康とは言いがたい様子・・。
サッカーも気になるところです。

ちょうど各パート2名ずつで、普通の2管編成。
技術委員の音頭で、いつも最後までいかなくて、できない3楽章から。
♪たららら、たららら、わわわわっ!
半分の人数でも、曲はマ〜ラ〜には違いがなく、激しくて、あわせるのはかなり大変です・・。
もちろん、音チェックも大事!
足手まといな箇所があるのが露呈したので、もっとさらわねばっ!

2階の金管は3・4楽章をやっているのが時々聞こえる・・。かっこぃぃ!
posted by ちびっこ at 21:42| カイロ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魔楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月04日

磨酪への道(その41)

水曜日は、先生の分奏でした。
終わったとき、ふかーいため息が出るほど、意気消沈・・・

いつも頼りにしている社長が急な仕事で大遅刻。
なんだか、よりどころがなくて、ごちゃごちゃになってしまいました。
おまけに、社長の代奏した部分もめちゃくちゃ。
代奏って迷惑をかけるのは絶対禁止だと思っていたのに、
かき乱して大迷惑になってしまいました。
初見とは言え、何度も隣で聴いていたのに・・

ちゃらちゃらしてないで、ちゃんとやれぃ!とつくづく思いました。
posted by ちびっこ at 10:31| カイロ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 魔楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月01日

磨酪への道(その40)

夏頃の宴会で、お決まりのビール瓶吹きをしていた時のこと。
♪「ぼぉ〜ぼっ」、「ぼぉ〜」
こうやって吹いて、といわれ、なんだか分からずに吹いていました。
数ヵ月後、これが、磨酪の出だしの「船がでるぞぉぉ」という汽笛だったことが判明。

先日の宴会で、750mlの形の違うワインの瓶2本。ちょっとよっぱらいの私。
気がついたら、率先して磨酪の出だしの汽笛を吹いて、楽しんでいました。
♪「ぼぉ〜ぼっ」、「ぼぉ〜」
つづきも歌ってました。
posted by ちびっこ at 17:29| カイロ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魔楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

磨酪への道(その39)

合宿乱入記のつづき・・

夜は、宴会ではなく懇親会。大画面で磨酪DVDを見る。
先日登場したウィーンフィルとバーンスタイン。
1971年の演奏なんだそうです。太い黒ぶちの、めがねが気になります。

前回は、あんまり音が聞こえなかったのだけど、今回はちゃんと聞こえます。
4楽章が、あんまりにすごすぎて、みんな真剣にみてしまいました。

ま〜ら〜9って、CD2枚組みくらいに長いし、曲の感じとしても、
「ちょっと聞いてみよっと」などと、気軽に聴ける曲じゃないではないです。
聴いている人に、いろんなことが、降りかかってくる感じです。
聞いた感想も、「へぇ〜。」じゃすまない感じです。

その分、生演奏で聴いたら、どんなにすごいんだろ。。と、想像しました。
こんな曲、私達が演奏したら、どうなるんだろ。

懇親会はまだまだ続きそうでしたが、
ちびっこは子供なので眠い目をこすりこすり帰路に着いたのでした。

2ndVnのみなさま、おせわになりました。
posted by ちびっこ at 17:26| カイロ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魔楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月31日

磨酪への道(その38)

週末、2ndVnの合宿に乱入してみた。
(ちょっと内輪盛り上がりネタですいません!)

到着すると、窓越しに2ndVnの練習が見えます。とっても真剣!!
私もやる気でました!

乱入組みは、お部屋で磨酪練習。古い和室にパイプいす。合宿気分〜♪
とりあえず丸くなって、あわせてみる。
ほほぅ。Vnはこうやって弾いてるんだ。かっこいい!とか、新たな発見たくさん。
みんなよくさらってあって、聴いてるだけでも、気持ちがいいです。

日も暮れたせいか、暖房の効きが悪く寒い。
そこで、部屋にあった浴衣のうえに羽織るハンテンみたいのを着ることに。
妙に似合う人もいて、でも和室とハンテンに楽器が不釣合いで、
なんだか笑いが止まらなくなってしまいました。
おかしな宴会芸も創作したりして・・。
勢い余って2nd練習に、ほんとに乱入しそうになりました。
(2ndの皆様、ごめんなさいっ!)

ほどほど、お互いの格好になれてきたころ、
はらぺこでダウンして寝そべってる1stVnさんが「磨酪きかせて〜」と遺言。
それじゃ!磨酪の3楽章をもう一回あわせる。
一緒のことしたり、ばらばらだったり、掛け合いだったりして、
かなり面白かったです。

つづく・・
posted by ちびっこ at 20:22| カイロ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魔楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

磨酪への道(その37)

水曜日は、パート練習。もちろんお題はマラク。
練習数日前より、音程あわせに関するメールが飛び交う。
ひょえ〜。どきどき。
あわせたいって言う気持ちは同じなんだけど・・。

我がパートは「誰かにあわせる練習をしよう」ということで、
ロングトーンもあわせながら。

今日は次回練習の先生分奏に備えて大事な所をやろうということになる。
出だしからはじめると、さっそく課題もりだくさん。
楽器の吹き方講座は毎回ためになります。(←早く習得しなさい!)
音色も吹き方も音程もリズムも、イメージ次第で一気に変わります。

誰かに合わせる練習って楽しいのでした。じゅうじつかん〜♪
posted by ちびっこ at 12:28| カイロ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魔楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月13日

磨酪への道(その36)

2楽章についての質問。
きのうのパート練習で、話題になりました。

♪たーきゃっ! (「た」よりも「きゃ」は、すごく音が高い)
という音形のとき、

♪たーきゃっ!
ってやってもいいですか?
posted by ちびっこ at 19:55| カイロ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 魔楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間酪への道(その35)

(ちょっと磨酪からそれてます)

昨日は新年初練習。前日にひととおり予習もしました。
なのに、なのに、・・!
リードを家にわすれました。えーん。

こんな、私に、優しいHENA社長はリードを快く貸してくださいました。

リードはとっても繊細。あんまり人には貸したくないって思って当然です。
なのに、なのに、HENA社長は社長なだけあって、こころがひろい。
「いいよー、いいよー、貸してあげるよ。」とおっしゃいます。

さらに、なんと、借りたリードを「吹きやすいならあげるよ。」と社長がくださいました。
かんどう・・です。
posted by ちびっこ at 18:55| カイロ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 魔楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

磨酪への道(その34)

昨日は、新年初練習。パート練習。

木管はどのパートも、1st,2nd,3rdがユニゾン(←まったく同じこと吹いてる)ので、
あわせるのに必死。
いつもなら「後半は木管分奏にしようよ〜」という話が出るが、
今回はもちろん誰も言いにこない。

7時過ぎ、それぞれのパート部屋で1楽章が聞こえ始める・・

我がパートは、音を間違えたら、みかん1個。という法律を制定し集中を高める。
途中、私への吹き方の基本レッスン。ためになりますぅ。
これから「餅を伸ばすように」吹くことにしました。

吹き続けて1時間45分。やっと2楽章まで終わる。
疲れたので休憩していると、Clがまだ2楽章の途中をやっているのが聴こえる。
念入りだなぁ。

3楽章をとりあえずはじめてみる。
ぷほぷほ・・ぼかっ♪あちこちに破綻が・・
あんまりにも疲れてきたので練習は切り上げ、ミーティングに。
リードと楽器の話しで盛り上がる。

さて、そろそろ片付けよう!というとき、
Flパートが3楽章を通しきったのが聴こえる。おお。すごいなぁ。
posted by ちびっこ at 18:48| カイロ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 魔楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月11日

馬楽への道(その33)

名古屋の栄に着くと、そこら中にある「芸術xx⇒」という看板につられ、
いつも何の用事もないのに、愛知県芸術センターに行ってしまいます。
入り口の愛知県美術館の展覧会のポスターをみて、
「クリムトだ!」と思った次の瞬間には、美術館のある10階にいました。
あんまりぼぉっとしていて入り口を間違え、もぎりのスタッフにやさしく注意されました。
ひょーん。

http://www-art.aac.pref.aichi.jp/japanese/collection/collect01.html
お花畑に黒い馬。金のよろいの騎士が馬にまたがっています。1903年。
一気に目が覚めて、思わず心臓がどきどきしちゃいました。
クリムトのほかにも、20世紀初頭のクレーやミロたちもいました。

絵って、写真と本物で、印象がぜーんぜん違います。
まず色がちがうし、だんぜん表現に富んでるし、何よりせまるものがあります。
思わず足がとまっちゃいました。
画家がそうしていたように、自分もその絵の前にたっている・・
人間になって生きててよかったなぁ〜と思いました。
posted by ちびっこ at 17:34| カイロ | Comment(0) | TrackBack(0) | 魔楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
こどもの日は・・・ハランベ☆パーティ
〜カテンベ君を救うためのチャリティパーティです。〜

2006年5月5日 15時〜24時くらいまで
場所:浜響クラブハウス(肴町通り)

入場無料・出入り自由。どなた様もお気軽にお立ちよりください。
企画している人:浜松交響楽団団員有志&家族、浜響サポーターズクラブ、TEAM☆IBA、三米商店・丸喜屋商店、楽友会オーケストラ 浜松団員有志、静岡大学管弦楽団卒業生有志、パヤカ、South Wind、ユパンキ (続々追加予定・・)

●ハランベパーティin浜松についての詳細はハランベページをご覧ください。随時更新予定。
お問い合わせは・・tibicco_nikki♪yahoo.co.jp(♪を@に変えて送信してください。)
●カテンべ救済基金ブログ
●ウペポ〜アフリカの風ネットワーク

・場所の詳細はこちら。mapfunへ。
となりのアフリカ
2006年秋、早川千晶さん、大西さん、マテラさん、近藤さんの、
お話と音楽の会である「となりのアフリカ」を企画しました。
ご案内の記録はこちらから・・
となりのアフリカ(マサイ編)2007年5月29日
永松真紀さんのお話と、ロビン・ロイドさんの音楽の会やりました。

記録はこちらから。。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。